読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨のち晴れ

X-Dayへのカウントダウン。いつどうなるか。

それをブルーと人は言う⑤

 これまでの話はこちらで。

 

boccifam.hatenablog.com

 

彼の浮気相手が

 

「夜の仕事と育児で疲れ切って可哀想だから

助けてやりたいから別れてくれ」

 

 

お前は逞しいから

 

「ひとりでも子育て平気っぽいから別れてくれ」

 

 

とまで言われた。

 

 

向こうは 3~4歳の幼児。

 

こちらは 産まれて2か月目。

 

 

男の目線からすれば

「コミュニケーションのとれる幼児のほうが可愛いのかな」と思う。

 

別れ際に「ありがと!」なんて言われたらメロメロになるのは

百歩譲ってわかるとしても、

自分の子の成長はどうでもいいのか?

血の分けた子供が可愛くないのか?

 

深夜帰宅して、休日は浮気相手家族と遊んで、

コミュニケーションが皆無に近いわが子だからか?

 

 

あれもこれも、

何もかもが頭の中をぐるぐるして

眠れない私をよそに隣で寝息を立てる彼。

 

 

周りの反対を押し切って独立して、

借金して、彼女にプレゼントして、

その店に飲みに行って、午前様だったのだ。

 

生活費が払えないからと自分の貯金を切り崩してきた。

 

無職の自分がこれから就職し、

一人で稼いで子供を育てないといけないんだ。

 

  

寝顔を見るとぐっすり寝てやがる。

思い切り叩いてやろうかと思った。

これだけ自分がいろんな辛い思いをしているのに。

 

 

それからの日々はまるで地獄のようだった。

それでも子供の世話はしなくてはならない。

 

相変わらず彼は帰りが遅い。

 

 

こんなつらい思いをするのなら

子供を抱えて別れてしまえばいいと思ったが、

出来ない事情がどうしてもあったのだ。