読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨のち晴れ

X-Dayへのカウントダウン。いつどうなるか。

それをブルーと人は言う④

育児疲れをしている時間はなかった。

 

不倫とわかった瞬間、

机に置かれた彼の持ち物を調べた。

 

 

相手はすぐにわかった。

すぐそこに一緒に撮った写真があったからだ。

 

名前も身元も分かった。

すぐそこに物的証拠があったからだ。

 

 

まるで私に「見つけてくれ」と置いたようなものだ。

 

 

怒りで震える自分に気づいた。

無性に怒鳴りつけたい衝動に駆られた。

 

出産で大変だった時にも相手と会って

その足で病院に訪ねていたのだ。

 

仕事なんかではない。

相手の子供二人と遊びに出かけてもいた。

 

大きなお腹を抱え家事をしていた時にも

深夜になるまで相手のお店に飲みに行っていた。

 

借金をしてまで相手にプレゼントを渡していた。

 

 

しかも一人ではなかった。

不倫相手は少なくても二人はいた。

 

 

「子供のことも面倒見てくれて今日はホントありがと~!」

「一生うちのこと守ってくれるなんて。信じていいのかな?」

「今日はこれで帰るね~また遊びに行こうね~!」

 

 

甘ったるい言葉の羅列。

もう一人の相手も子持ちのチーママだった。

一戸建て借家の事務所に泊まって帰ったようだ。

 

 

数々の証拠を並べて彼の帰りを待った。

 

 

自分の血を分けた子供はほったらかしにして、

周りの反対を押し通して独立したばかりの仕事もそっちのけで

遊んでいたのかと突き詰めた。

 

「夜の仕事で一人での子育ては大変だから守ってあげたい」と言い訳した。

 

「お前と違って独立に賛成してくれたし」

 

「お前は強いから生きていけるだろう。彼女は無理だから守ってあげないと」

 

 

 

挙句の果てに

 

 

「別れてくれ」

 

 

とまで言い出した。