読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨のち晴れ

X-Dayへのカウントダウン。いつどうなるか。

それをブルーと人は言う③

出産までの受難。

 

先の話はこちらからでどうぞ。

 

boccifam.hatenablog.com

boccifam.hatenablog.com

 

不倫相手とやり取りしたメモを

やっと処分した彼であるが、

本当の心の中まではわからない。

 

自分が思い出すのが辛いから処分する のであって、

 

私に申し訳ないから とか、

お腹の子に申し訳ないから とか、

 

そういうきっかけでは一切ないからだ。

 

 

以前から感じていた

 

不倫に対しての罪悪感の無さ

 

boccifam.hatenablog.com

 

 ここでの不安が的中する。

 

 

妊娠中に新築新居の引っ越しを終えたのだけど、

帰りの遅い日が多くなっていた。

 

勤めていた仕事を辞めて独立したいとか、

そういうことを言い出すようになった。

 

妊娠中の私は先の妊娠が流産したこともあり仕事は辞めていた。

 

 

「私も今はこの身体で仕事はできないし、

出産してもすぐに仕事に就けるのは難しいだろうから、

転職ならいいけど独立はやめて」

 

 

「新居も買ったばかりだし、不景気なのにやめてほしい」

 

 

と話して、何度も喧嘩にもなった。

それでも彼は独立した。

 

 

独立と共に帰宅は深夜になることが増えた。

接待は仕事を得るには必要だからと

生活費も払えないという状況になった。

 

私は自分の貯金を切り崩し、

軌道に乗るまでの我慢と思い込むようにしていた。

 

 

急に泣き出したあの日の前後も、深夜の帰宅が続いていた。

 

 

義母には

「臨月なんやからあまり夜は一人きりにしたらあかんよ」と

言われていたと思うが、あまり守られてはいなかった。

 

初めての出産で

かなり不安があったり、体調の変化で落ち込む日も多くなる。

 

 

 

そんなある日、

早朝から陣痛を感じたので彼に病院に送ってもらう。

すぐに仕事に出るというので

駆けつけた両親と交代。

 

仕事を終えて駆けつける彼。

そして間もなく出産。

 

 

そんな乳飲み子を抱えて里帰りから戻った時期に、

彼の不倫が発覚した。

 

 

これまでの疑問に対して確実に辻褄が合う。

1か月の里帰り中の実家への訪問も少なかった。

全ての答えが揃ったような…気がした。

 

怒りに震えて眠れない日が続いた。

 

 

出産して里帰りをした私がいないことに安心して

不倫相手とのびのびと過ごしたようだ。