読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨のち晴れ

X-Dayへのカウントダウン。いつどうなるか。

新婚旅行 番外  旅行業者の手配ミス 1

旅行会社の手配ミスで、

行きはビジネスクラス

帰りはエコノミー。

 

交通費に費用はかけたくなくて

元々行きも帰りもエコノミーではあったのだけど、

どうせ間違えるなら帰りのほうにしてほしかった。

 

行きの隣はビジネスマン。

スーツを着た物腰静かな白人男性。

周りの乗客も騒ぐこともなく、機内食も上等。

椅子の足元は広く。

禁煙席での人生初!国際線15時間のフライトは快適だった。

 

そして帰りのエコノミークラス。

周りは学生や若い人たち。

彼がどうしてもタバコが吸いたいと頼んだ喫煙席。

聞こえてくるのは日本語。

 

「なあなあ、ちょっと代わって!」

 

前の、後ろの人たちが

禁煙席しか取れなかった仲間と交代。

わざわざ、たばこを吸いに何度も交代する。

 

おかげで絶えず煙が広がる中で、

隣の彼、前、後ろ、斜めとタバコの煙が広がり

タバコが大嫌いな私にとってこの環境は最悪だった。

囁く声と相まって全く眠れない。

 

現在のように

全席禁煙になっていたらよかったのに。

 

当時、アメリカではすでに

屋根のあるところは全部禁煙だった。

現地ガイドの初日の注意の中に、

 

「皆さん、日本と違ってこちらはほとんどの場所が禁煙です。

空港、ホテル、飲食店など、屋根があるところは全部禁煙です。

空の見える場所だけが喫煙できるところと覚えておいてください。

日本のようにどこでも吸ってはいけません」

 

愛煙家にとっては不自由な国だっただろう。

帰りの国際線で喫煙席が日本人だらけだったのは恥ずかしい。

学生のノリのせいかマナーも悪い。

 

疲れて眠りたい帰りの便こそ、ビジネスでなければね。

 

今の時代は客層が違う(アジア観光客)のかもしれないけど。