読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨のち晴れ

X-Dayへのカウントダウン。いつどうなるか。

新婚旅行 4

ラスベガスの空港に降り立ち、

セスナでの遊覧飛行。

 

グランドキャニオンを空から眺めるツアーは

国内外人気があるようで

海外からの家族連れや、観光客、

日本からの観光客も多い。

 

偶然にも昨夜のラスベガスのショーで隣だった

同じく新婚旅行中のご夫婦と出会った。

 

話をしながらフライトを待つ間、

受付カウンターの上に

 

motion sickness medicine

 

酔い止めの薬が販売されていたけれど

外国製の薬は何となく怖くて買うのをやめた。

 

私の隣には旅行中、

首から一眼レフカメラとビデオカメラを持ち、

ずっと撮影している彼がいる。

 

いよいよ、セスナに乗り込む。

ハイテンションなパイロットは

早口で雄叫びを上げ、テイクオフ。

 

グランドキャニオンの撮影のために窓際に陣取った彼。

 

窓から見える景色に見とれるのもつかの間、

アクロバティックな操縦を始めたパイロットの

縦横無尽な操縦と、

能天気なしゃべりに腹が立つ。

 

そしてまた

 

「ここすっごいわ~!なあ!見て見て~」

 

隣の能天気なしゃべりにも腹が立つ。

 

相槌も打たない私の様子などお構いなく

カメラをビデオに持ち替えて撮影する彼。

 

こちらを見ようともしない。

 

 

頭がくらくらしてきた。

ものすごく気分が悪い。

もう景色なんてどうでもいい。

ぐるぐる回るキャニオンなんて見たくもない。

 

 

 

 

腹が立つ。

 

気分が悪い。

 

堪えるのに必死だ。

 

早く終わることを祈るだけ!!

 

 

目を閉じて耐え、やっとグランドキャニオンに着陸。

飛行機を降りる時もさっさと先に降りた彼。

 

私の状態に気付いたのは、さっきの新婚夫婦。

 

「大丈夫ですか?私もダメで薬買っておいたんです。

帰りの飛行機のこともあるから差し上げます。ここで飲みますか?」

 

本当にありがたかった。

 

 

 

つらい時ほど人の優しさは身に染みるもの。

 

そして、

 

つらい時ほど無神経な人には恨みが積もるもの。

 

 

旅はまだ始まったばかり。

そう、新生活も始まったばかりなのだ。

 

 

virtual trip 空撮 グランドキャニオン U.S.A. [Blu-ray]

virtual trip 空撮 グランドキャニオン U.S.A. [Blu-ray]

 

大画面テレビで家でゆっくり観るので良いのかもしれない。