読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨のち晴れ

X-Dayへのカウントダウン。いつどうなるか。

新婚旅行 2

誰でも知っているが、

ラスベガスはカジノの町だ。

 

空港はもちろん、

いたる所にスロットマシンがある。

 

ホテルの中には

どこまでも広がるカジノの空間。

見上げる天井には本物と見まごう青空が広がる。

 

こうして

時間の感覚は麻痺してゆくのだろう。

 

 

わたしはギャンブルが好きではない。

 

そういう場所に行っても、

「早く帰りたい」とさえ思う。

 

 

旅先にラスベガスを希望したのは

彼であり、

私は他の行先を楽しもうと思っていた。

 

 

その日の夜、

ラスベガスのショーと食事を終えて、

ホテル周辺を歩き、部屋に戻った。

 

窓の外は光輝きまばゆいほどの夜景だった。

しばらくふたりで眺めたあとで彼が、

 

 

「オレ、今からカジノに行こうと思うんだけど…どう?」

 

 

時差ボケの眠気を耐えた頭で、

やっと眠れる時間がきたのだと思うと、

深夜まで起きていられる気分じゃなかった。

 

 

「そう。じゃ、行ってきまーす!」

 

 

彼はカードキーを握り、

軽快な足取りで部屋の扉を閉めた。

 

残った私は夜景をカメラに収め、

豪華なバスルームに歓喜

横になって、いつのまにか眠った。

 

 

 

目覚めた時には、

窓の外はほんのりと明るくなっていて

今が朝だと気付いた。

 

 

隣のベッドを見ると、

ベッドは整えられたままだった。

 

 

時計の針は5時を回ったあたり。

 

 

呆気にとられる私をよそに

彼は楽しそうに帰ってきた。

 

 

カジノで知り合った

日本人ガイドと一緒だったと、

 

一時はわりと儲けたけれど、

共に軍資金を使いきって帰ってきたのだと。