読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨のち晴れ

X-Dayへのカウントダウン。いつどうなるか。

20年前 4

婚約披露パーティー。

彼が会場を決めて友人たちを招待した。

 

会場には互いの友人が集まり、

楽しい時間を過ごしていた。

 

お開きの時間が迫るころ、

会場の外で会った友人が手招きした。

 

「ねえ、彼のお義妹さんだっけ。あの二人、大丈夫?」

 

何のことかと話を聞いてみると

すぐそこの物陰で

泣いた義妹の肩を彼が抱いていたのを見たという。

 

心配して教えてくれたが、

どういう事情なのかわからなかった。

 

翌日、彼に尋ねてみた。

 

「オレと義妹?変な仲ではないよ。

 泣かせたのは弟だよ。あいつ、他に好きな女がいるらしい」

 

結婚していた弟夫婦の危機。

 

「あの子たちと一緒にいて支えたい」

 

同居解消は義父母の思いだった。

 

そして

結婚式が始まった。