読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨のち晴れ

X-Dayへのカウントダウン。いつどうなるか。

20年前 3

仲人を頼んだその数日後、

 

「お世話になっている人に紹介したいから」

 

ある一人の女性に会った。

 

一人暮らしの女性の部屋で

部屋に似合わない大きなベッド。

枕元の写真立てには

見覚えのある顔と目の前の女性。

 

「そう。Aちゃんの所に行ったんだ」

 

純粋すぎる自分でも

この人がどういう人なのかすぐにわかった。

 

「おめでとう。幸せになりなよー」

 

送り出されたものの、

何とも複雑な気持ちだった。

 

写真立てにあったのは

Aちゃん

仲人上司の顔だったからだ。

 

 

そういう関係があるものだと

頭でわかっていても

結婚を控えた自分は納得ができなかった。

 

結婚式までの時間、

何度か会うたびに

 

「この人に仲人を任せていいのか」

 

ずっと気分が悪かった。

 

自分には関係のないことだと思い込み、

過ごすしかなかった。

 

そして、

友人を招いての婚約披露の席を開いた。